ケノンでVIO脱毛は本当にできる?

VIO脱毛

ケノンでVIOの脱毛はできるのでしょうか?

 

結論は、「ケノンでVIO脱毛は問題なくできます!」

 

VIOも体毛の一部ですから、他の部位のムダ毛同様ケノンで脱毛できます。

 

ただ、ケノンのメーカーの推奨部位としてはVラインまでで、もしIOラインもケノンで脱毛したい場合は、「自己責任」でということになります。

 

IOラインは、自分からは見にくいですし、手も届きにくく粘膜に近い部位なので、他の部位よりも注意がより必要なんですね。

 

でも公式HPのレビューを読んでも分かるように、ケノンをVIO目的で買ってIOラインの処理もしているユーザーも多いです。

 

照射レベル、使用頻度、カートリッジなど、やり方さえ間違わなければIOラインもケノンで問題なく脱毛できます

 

VIO、特にIOラインは他の部位と比べて痛いイメージがありますが、やってみると意外と痛くないし簡単にできます。

 

VIOのムダ毛は下着の中で蒸れやすく、雑菌も繁殖しやすいので、生理中はかゆみや匂いの原因にもなります。

 

IOラインのムダ毛がないと生理中も快適に過ごせるので、しっかり注意事項を守ってチャレンジしてみて下さい!

 

ケノンをお得に買うなら、公式HPがおすすめ!

 

↓↓↓

ケノン公式HPはコチラ

ケノンのVIO脱毛の効果ってどう?

アンダーヘア脱毛

ケノンでアンダーヘア脱毛(VIO脱毛)ができることは分かったけど、効果はどうなの?と思う人もいるかもしれませんね。

 

アンダーヘアも体毛の一部ですから、ケノンの脱毛効果に違いはありません

 

ただIOはデリケートゾーンや粘膜に近いため、使い方によっては他の部位より火傷や肌トラブルなどのリスクがあります。

 

そのため、ケノンのメーカーとしては安全面を考慮して推奨していないだけで、VIOにも当然脱毛効果はあります。

 

ただし、ケノンは「永久脱毛」ではありませんので、時間が経つとまたムダ毛が生えてくる可能性はあります

 

永久脱毛なら医療脱毛がおすすめ

 

医療脱毛

ですので、もし「永久脱毛」をしたいのでしたら、医療脱毛がおすすめになります。

 

医療脱毛とは、電気針やレーザーで毛根を破壊して脱毛する方法で医療行為のため、専門の医療機関・クリニックでしか受けられません。

 

医療脱毛には健康保険が適用されませんので費用はかなり高くなりますし、痛みも強く、時間もかかります

 

実際、その痛みに耐えられず途中で止めてしまう人もいます。

 

また「永久脱毛」と言っても、100%生えてこないという訳でもありません。(永久脱毛についてはコチラ→)

 

ケノンなら手軽にVIO脱毛できる

ケノンアンダーヘア

ケノンや脱毛サロンの光脱毛は毛の成長を抑制する「制毛処理」なので、時間が経つとまた毛が生えてくる可能性はあります。
医療脱毛と比べて効果は少し落ちますが、それでも元のムダ毛と比べると、毛も細く量も少なくなっているので、お手入れはとても楽になります

 

ケノンやサロンの光脱毛は医療脱毛と比べて費用も安く、痛みもほとんどありません。

 

更にケノンなら自分1人でできるので恥ずかしくないのでがいいですね。

 

もし後で毛がまた生えてきても追加料金なしでいつでも簡単に脱毛できるのもうれしいですね!

 

 

 

ケノン公式HPはコチラ

ケノンでVIO脱毛する時のカートリッジはどれがおすすめ?

これ以降は、ケノンで実際にVIO脱毛する時の具体的な内容について説明しています。

 

先ずカートリッジですが、ケノンでVIO脱毛する時にはどのカートリッジを使ったら良いのでしょうか?

 

ケノンの脱毛用カートリッジは全部で4種類ありますが、VIO用カートリッジというのは用意されていません。

 

基本的には、ケノンに付属で付いてくるプレミアムカートリッジかラージカートリッジがお勧めです。
(※キャンペーン等によってラージカートリッジが付属しない場合もあります)

 

エクストララージは照射面積が非常に広いため、IラインやOラインのような狭い範囲を脱毛する場合は使いにくいことがあるので、避けた方が良いかと思います。

 

ストロングカートリッジは出力が高く脱毛力が高いのですが、その分痛みを感じやすい場合があります。

 

肌が強い人や早く脱毛効果を得たい人にはお勧めですが、最初は避けた方が無難かもしれません。

 

慣れてきたら、照射レベルに気を付けながら徐々に試していくのがおすすめです。

 

各カートリッジの仕様を分かりやすく表にしましたので、参考にしてください。

 

カートリッジ 大きさ 出力 照射可能回数

プレミアムカートリッジ
(標準装備)

2.0cm x 3.5cm = 7.0cm2 標準レベル 最大100万発(レベル1)
エクストララージ

2.5cm x 3.7cm=9.25 cm2
(シリーズ最大)

標準レベル 最大20万発(レベル1)
ストロング 1.5cm x 3.0cm = 4.5  cm2(シリーズ最小) 出力最大 最大約8万5千発(レベル1)
ラージ 2.0cm x 3.5cm =  7.0cm 標準レベル 最大20万発(レベル1)

         

カートリッジ全種類

 

ケノン公式HPはコチラ

ケノンでVIO脱毛を始める前に

ここでは、ケノンでVIO脱毛を始める前の準備など、必要な事についてお話します。

 

VIO、特にIOは他と違ってデリケートな部位なので、安全に脱毛するために事前準備が重要です。

 

しっかりと確認しておいてくださいね!

 

VIO脱毛の事前準備

  • 最初は全剃りがおすすめ(先ずは全体を薄く!)

事本的にVIO脱毛する時には、自分が望むお手入れ後の形に関わらず、アンダーヘアは全部剃っておくことをおすすめします。

 

理由は、最初から形をケノンで整えてVIO脱毛しようとしても、よほど毛の薄い人でない限りはモコモコしてしまい、処理後の状態が不自然に見えてしまうからです。

 

そのため、アンダーヘアのおさまりをよくするために、最初の10回ほどは全部剃った上でケノンで照射すると、剛毛が細く柔らかくなって、結果的に形もきれいに仕上がります。

 

先ずは全体を薄くすると言う事ですね。

 

「えー、そんなことしたら毛がなくなってパイパンになっちゃうじゃない!」とご心配の人もいるかもしれませんが、10回程度照射しても毛は細くはなってもなくなることは無いので、安心してください。

 

逆に毛が細くなってきたなと思ったら、全照射を止めて形を作り始めてください。

 

またもともと毛量の少ない人は、無理に全照射する必要はありません。

 

ケノンVIO脱毛の前日準備

  • ケノンで他の部位を脱毛するのと同様に、脱毛する前日にVIOの毛を剃って下処理を済ませておきます。

IOは特に見えにくく傷つきやすいので、慎重に行います。

 

その際、剃刀よりも肌を傷つけにくい電動シェーバーがお勧めです。

 

ケノンのフラッシュ脱毛は、光が黒い色(毛根)に反応して効果を発揮するので、ツルツルの状態だと脱無効果が薄れてしまいます。

 

毛抜きも毛根が抜けて黒い色素がなくなるので、NGです。

 

また除毛クリームも薬剤で毛を溶かして除毛するため、肌に負担がかかるので下処理としてはおすすめしません。

 

ですので、ケノン脱毛当日ではなく前日に電動シェーバーで処理しておくと1日でちょっと毛が伸びてくれるのでおすすめです。

 

  • 自己処理の手順

@先ずハサミでアンダーヘアを1ー2センチの長さに切る。

 

Aハサミで短くしたアンダーヘアを電気シェーバー短く切る。ギリギリまで剃って大丈夫です。

 

B剃った部分を保湿する。

 

注意:最初にハサミで切らないとシェーバーに毛が絡まって処理しにくいので、最初からシェーバーは避けた方が良いです。

 

 

ケノンでの最適な使用頻度・照射間隔について

 

メーカの推奨としては2週間に1回の頻度ですが、肌が強い自信があるなら1週間に1回でもOKです。

 

照射間隔を2週間から1週間に1回に上げることで、脱毛スピードを上げることができます。

 

ただしこれは自己責任なので、不安な人は慣れるまで2週間に1度の頻度から始めることをおすすめします。

 

また毛周期がありますので、頻度を上げれば脱毛スピードが上がるというわけではなく、いくら肌が強くても毎日のように照射するのはやけど等の肌トラブルの原因になりますので、絶対にやってはいけません。

 

逆に照射の間隔があいてしまった場合はどうなんでしょうか? 

 

忙しかったりしてついお手入れを忘れてしまうことはあると思いますが、結論としては間が空いてしまっても細くなった毛が伸びるだけで脱毛効果はなくならないので心配は不要です。

 

照射の間隔がずれても照射を重ねるごとにムダ毛は細く生えにくくなり、3〜4か月後にはお手入れが凄く楽になります

 

ケノンの照射レベルについて

 

ケノンは一番弱い照射パワーのレベル1から最大パワーのレベル10まで好きなパワーを細かく選択することができます。

 

ではケノンでVIO脱毛する時はどのレベルで照射するのが良いのでしょうか?

 

何度も言うようですが、VIOは粘膜にも近くとてもデリケートな部位ですので、最初はレベル1〜3で始めるようにしてください。

 

そしてその後慣れてきたら様子を見ながら徐々にレベルを上げていくことをお勧めします。

 

ケノン設定画面

 

当日のケノンでVIO脱毛する時の手順

 

@保冷材で照射する部分をしっかり冷やす。良く冷やさないとゴムで弾いた様に痛いです。

 

AケノンをVIOに当てる。当て間違いに注意してください。

 

B照射後また保冷材で良く冷やす。(5−10秒程度)

 

Cフラッシュ照射後は肌が乾燥しやすいので、ローションなどで良く保湿すること。

 

 

  • 当日準備するもの

 

・自立式の鏡

 

・白い布かティッシュペーパー(粘膜や照射不要部分に誤照射するのを防ぐためのカバー)

 

・ほくろや傷を隠すためのシールや絆創膏など

 

・肌にVラインの形を書くための水性ペン又はVラインデザインの型

 

  • ケノンのVIO用設定について

 

先ず粘膜部分に触れて自動で照射されないように、「自動モード」だったら「手動モード」に切り替えておくこと。

 

またVIOは他の部位に比べて毛が太くて濃いので、他の部位と同じ出力設定で照射するといつもより痛みを強く感じることがあります。

 

ですので、最初はレベル1から徐々に様子を見ながらレベルを上げていくことをお勧めします。

 

 

ケノンの詳細はコチラで確認!

 

↓↓↓

ケノン公式HPはコチラ

部位別VIO脱毛方法

Vラインの脱毛方法

 

Vラインの脱毛はIOラインと比較するととても簡単です。

 

Vデザイン

自分の好きなVラインの形に合わせて、自己処理した部分にケノンを照射するだけです。

 

鏡を使わなくても全体が見えるので、立ったままケノンを照射できます。

 

時間としては、Vラインに沿って照射する程度なら5分もかかりません。

 

ただVラインのムダ毛は剛毛のため、他の部位に比べて薄くなるまでに比較的時間がかかります。

 

他の部位と比べると2倍くらいは時間がかかるため、できれば照射パワーを最強のレベル10にして照射することをお勧めしますが、無理はしないようにしてください。

 

 

【Vラインの照射レベルの上げ方について】

 

最初はレベル3から始めてください。

 

・肌に異常がないことを確認した上で、2回目はレベル6で、3回目はレベル10といった感じで肌の様子を確認しながら徐々に照射パワーを上げていきます

 

Iラインの脱毛方法

 

ケノンでIラインの脱毛については、メーカーは安全上の理由から推奨してはいませんが、やり方さえ注意すれば他の部位と同様にちゃんと脱毛できます。

 

Iラインのケノンによる照射は、慣れるまではVラインとは違って見にくいので、最初は怖いと思います。

 

また適当にやると粘膜部分や残しておきたい部分にも間違って照射してしまう可能性があります。

 

その対策としては、自立する鏡を股の前に置いて、下着を食い込ませながら照射する方法をお勧めします

 

下着を食い込ませて粘膜部分を隠しながら照射することで、簡単に狙った部分にケノンを照射でき、粘膜など不要な部分に照射する心配がなくなります。

 

VIOパンツ

 

Iラインはどんな人でも色素沈着のある部位なので、脱毛の光が反応しやすく、火傷の危険性があります。

 

痛みも他の部位に比べて大きいので、最初は無理せずにレベル1〜3ぐらいで様子を見てください

 

またほくろやあざなどがあると光に反応して痛みが強くなるので、照射前に確認して、ほくろ等があれば用意した絆創膏や白いシールなどを貼って保護するようにしてください。

 

Iラインを脱毛する場合には、体勢・姿勢によって照射のしやすさが変わってきますので、自分のやりやすい姿勢を色々試して見つけてください。

 

おすすめは、鏡を前に置いて床にしゃがみ込むようにして照射する方法ですが、腰を浮かせてしゃがんだ姿勢や片膝をついた姿勢が照射しやすくおすすめです。

 

鏡は角度を調整できるタイプが便利ですが、ケノンの蓋の裏側についている鏡が便利です。

 

 

【Iラインの照射レベルの上げ方について】

 

Iラインは非常に敏感で他の部位と痛みの感じ方が違うので、腕や脚でレベル10で慣れていてもレベル1から始めて徐々に上げていくようにしてください。

 

痛みが強い場合は単純に照射レベルを下げればいいのですが、出力を下げると脱毛効果も低くなるので、十分肌を冷やしてから照射して痛みが軽減できるかどうか試してみるのがおすすめです。

 

個人差はありますが、20秒程度冷やすと、ほとんど痛みを感じることなくレベル10で照射することが可能です。

 

 

最初はレベル1〜3で無理なくスタートしてください。

 

・肌に異常がないのを確認し、2回目はレベル5で試してください。

 

・3回目はレベル8〜10と少しずつ様子を見ながらレベルを上げて行ってください。

 

 

慣れればレベル10でも問題なく照射できるようになると思います。

 

またIラインはVラインよりも薄くなるのが比較的早いように感じます。

 

Iラインのムダ毛は太くしっかりしているのに、皮膚も薄く粘膜も近い、色素沈着もあるということで、痛みを感じやすい部位です。

 

それで怖くて粘膜近くのムダ毛を処理せずにしておくとそこだけ毛が残ってしまって不自然なので、粘膜まで照射しないように注意しながらギリギリまで照射してきれいに脱毛しましょう

 

 

Oラインの脱毛方法

 

Oラインは皮膚が薄く黒ずみが強い部位なので、しっかりと対策をして脱毛する必要があります。

 

またOラインは自分からは全く見えない部位なので、VIOの中でも一番やりづらい部位になります。

 

そこでもここでも鏡を使うのですが、ケノンをOラインにうまく当てるには鏡をまたいでしゃがみながら照射します。

 

Oラインは範囲が狭いので、慣れれば5分もかからずに照射できるようになります。

 

Oライン・肛門部分は他の肌よりも黒ずんでいるので、照射すると強い痛みを感じることがあります。

 

肛門など粘膜に間違って照射しないようにするには、シールや絆創膏を肛門に貼ったり、ショーツや下着を履いたままでずらしながら照射すると安心です。

 

【Oラインの照射レベルの上げ方について】

 

最初はレベル1〜3で無理なくスタートしてください。

 

・肌に異常がないのを確認し、2回目はレベル5で試してください。

 

3回目はレベル8〜10と少しずつ様子を見ながらレベルを上げて行ってください。

 

Oラインも色素沈着が多く照射光に強く反応しやすいので、注意してやってください。

 

肌トラブルを避けるため、最初はレベルを1〜3で始めるようにしてください。

 

照射レベルが低すぎると効果が出にくいので、20秒ほど長めに冷やしてから照射すれば、照射レベルが高くても痛みを感じないで脱毛することができます

 

痛みが強かった人は連続ショットモードがおすすめ

以上でお話ししたように、最初はレベル1〜3で始めることをおすすめしていますが、それでも痛みが強かった人、またレベルを上げたら痛みも強くなって来てしまった人には連続ショットモードがおすすめです。

 

「連続ショットモード」とは、シングルショット1回のパワーを3回又は6回に分割して照射するモードで、パワーを分割するので1回の痛みが少なくなるモードです。

 

シングルショットが一番照射パワーが強いのに比べ、連続ショットのパワーは少し落ちますが、痛みに弱い人にはおすすめの照射モードです。

 

デメリットとしては照射パワーが落ちるのと同時にカートリッジの消耗が早くなる点がありますので、しっかり冷やしても痛かった人にのみおすすめです。

 

シングルショットから連続ショットへのモードの切り替え方法ですが、ケノンの電源を入れてモードボタンを2回押すと連続ショットの設定画面が出ます。

 

照射レベルを下げると脱毛効果も下がってしまうので、照射レベルを下げないで痛みを避る方法として、「連続ショットモード」がおすすめです。

 

ケノン設定画面

 

 

ケノンの詳細はコチラで確認!

 

↓↓↓

ケノン公式HPはコチラ

ケノンで脱毛効果を感じないワケとは?

困った顔

ケノンでVIO脱毛していても、あまり脱毛効果を感じないという人も中にはいます。

 

脱毛効果の現れ方や感じ方には個人差があるのですが、それでも全く効果が無いということはありえません。

 

すぐに脱毛効果があると勝手に思い込んでいたり、使い方が間違っていたりと何らかの理由があります。

 

そこで、ここでは「ケノンでVIO脱毛の効果がない理由」について紹介しますので、参考にしてください。

 

  • 照射から1−2週間は経ちましたか?

ケノンで照射した後翌日ムダ毛が抜け落ちるというものではありません。

 

照射後も毛は普通に伸び続けて、1−2週間後に自然に抜け落ちます

 

また毛には「毛周期」という生え変わるタイミングがあり、今皮膚表面に生えている毛を脱毛してもその後新しい毛が生えてきます。

 

それで全体としては毛が抜けていないように見えるかもしれません。

 

もう少し様子を見て下さい。

 

  • レベルは適正ですか?

照射レベルが低すぎると効果が出にくくなります。

 

無理は禁物ですが、冷却を十分して様子を見ながらレベルを徐々に上げて行くようにしてください。

     

  • 照射後保湿はしていますか?

ケノンで照射後の肌は乾燥しやすい状態になっています。
照射前にスキンローションなどで保湿するのは脱毛効果を下げてしまうのでNGですが、照射後の保湿は脱毛効果を高めますので、忘れずに保湿するようにしましょう。

     

  • ケノンは永久脱毛ではありません

ケノンは永久脱毛ではないので、時間が経つとまたムダ毛が生えてくる可能性があります。

 

永久脱毛を望むなら、「医療脱毛」しかありません。

 

医療脱毛は、電気針やレーザーで毛根細胞を破壊してムダ毛が生えないようにする方法なので、医療機関(クリニック)でしか法律上できないことになっています。

 

ただし、医療脱毛も二度とムダ毛が生えてこなくなるというものではないので、ケノンと同じようにまたムダ毛が生えてくる可能性はあります

 

ただケノンならまた生えてきても、自分で簡単に処理できるので、手軽でおすすめです。

 

ケノン公式HPはコチラ

ケノンVIO脱毛のクチコミを紹介!

ここでは、実際にケノンでVIO脱毛やった人のクチコミを紹介しています。

  • 良いクチコミ

太くてチリチリだった剛毛が、今ではふんわりとなったのは期待以上でした。
自分でするのはちょっと面倒ですが、効果は期待できます!

半年かかりましたがVラインがきれいな逆三角形になったので、下着からはみ出さなくなって、良い感じです。

脱毛サロンjに通っていましたが、生えてきたのでケノンを購入しました。
効果については最初半信半疑だったのですが、今ではこれなら脱毛サロンに通わずに最初からケノンでやっていればと後悔しています

 

  • 悪いクチコミ

VIOも回数が多くなると実感できますが、ワキ・脚と比べると時間がかかります

冬に使う時、冷却は冷たすぎます。ただレベル10でやるにはしっかり冷やさないとチクッと痛みを感じることがあるので、そこは我慢かなと思います。

脱毛効果はあると思うが、IOラインに使う時の格好は恥ずかしいです。

 

以上の通り、悪いクチコミと言っても気にするレベルの内容でもないので、安心して使っても大丈夫ですね!

 

もっと口コミを知りたいならコチラ!

 

↓↓↓

ケノン公式HPはコチラ

ケノンVIO脱毛の失敗談と成功談を紹介します!

OKの女性

ここでは、あなたよりも先にケノンでVIO脱毛を実際やった人の失敗談と成功談を紹介しています。

 

事前にチェックして、自分は失敗しないように参考にしてくださいね!

 

 

 

 

 

ケノンVIO脱毛の失敗談
  • 他の部位と同じようにレベル10でやったら痛くて悶絶した。

    (→対策:VIOラインは他の部位よりも肌が薄く敏感です。最初はレベル1から初めて、様子を見ながら徐々にレベルを上げて行ってください)

  • 痛いと聞いて、レベル2−3でやっていたら、全然脱毛できなかった。

    (→対策:最初は弱いレベルで初めて、徐々にレベルを上げて行くようにしてください)

  • 弱いレベルのまま続けていても効果が出にくいです。痛みが怖い人は照射前に十分に冷やすことで痛みを感じずに済みます。それでも怖い人は照射モードを連続照射モードに切り替えて見て下さい。
  • シングルモードよりは照射パワーは落ちますが、低いレベルのまま照射を続けるよりも効果は高くなります。
  • 粘膜部分に照射して傷めてしまった。

    (→対策:しっかり下着や白い布、ティッシュなどで粘膜部分を覆って、鏡を使いながら誤照射のないよう注意して行ってください)

  • やり方が分からず見えない状態で照射してしまった。

    (→対策:このページで紹介しているように、特にIOラインは鏡を使ってしっかり確認しながら照射するようにしてください)

 

ケノンVIOの成功談
  • 生理中なのどにおいが気にならなくなったことがうれしい!
  • 急に海やプールなどに誘われても心配なく行けるようになって、アクティブになったねと言われた!
  • Vラインが自分の好きな形にデザインできて、きれいになった!
  • 彼氏が喜んでくれた!

 

ケノン公式HPはコチラ

ケノンVIOのメリット・デメリットって何がある?

VIOの脱毛をするには、脱毛サロンやクリニックに行く、またはケノンのような家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するかです。

 

ここでは、ケノンでVIO脱毛するメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

【メリット】

 

@脱毛サロンと同等レベルの器械を使っているので、脱毛効果が高い
A剃刀で自己処理するのに比べて、肌荒れや埋没毛が出来ず処理後の肌がきれい
B自分で処理できるので、恥ずかしくない
C自分の好きな形にデザインできる。(脱毛サロンでは恥ずかしいので無難化形しか頼めない)
D自分の好きな時にいつでも脱毛できる
Eサロンのように予約・通いの必要がない
Fサロンより費用が安い
G2週間に1回というように自分のペースで照射できるので脱毛効果が早い
H1台購入すれば、何度でも何人でも脱毛し放題なので、コスパが高い

 

エステアンダーヘアの絵

 

 

 

【デメリット】

 

@永久脱毛ではないので、また毛が生えてくることがある→ただ次に生えてくる毛はフワフワの細い毛
A最初の購入価格が高い→何度でも何人でも使えるので、最終的には安い
B自分で照射するのが最初は怖い、やりにくい→慣れれば普通にできるようになります

 

以上のように、メリット、デメリットを比較してみると、メリットの方が断然多いですね!

 

やはり脱毛サロンと同等以上の脱毛が手軽に自宅でできてしまうのは、メリット大きいですよね!

 

ケノン公式HPはコチラ

ケノンVIO脱毛のQ&A

疑問の女性

ここでは、ケノンのVIO脱毛についてよくあるQ&Aをまとめてみました。

 

Q1. ケノンでVIO脱毛しているが抜けない原因は?

 

A1. ケノンで照射後も毛は普通に伸び続け、1−2週間後には自然と抜け落ちます。1−2週間ほどもう少し様子を見て下さい

 

また照射レベルが低すぎると効果も感じにくくなります。無理は禁物ですが、慣れてきたら様子を見ながら徐々にレベルを上げるようにしてください

 

もし痛みを強く感じるようでしたら、照射前の肌の冷却時間を長くしたり、照射モードを連射モードに切り替えて試してみてください。

 

最後に保湿をしっかりしていますか? 照射後の肌は乾燥しやすいので、保湿を徹底して効果の出やすい肌の状態に整えることが重要です。

 

 

Q2:ケノンでVIOの粘膜部分を照射しても大丈夫か?

 

A2:粘膜部分にもまれに毛が生えていることがありますが、ケノンで照射することは絶対にしてはいけません

 

粘膜部分の皮膚は非常に薄く、色素沈着もしているので火傷の危険性が高いです。サロンやクリニックでも粘膜への照射は断られます。

 

Q3:男でもVIO脱毛できるか?

 

A3:男性は女性に比べて陰毛が太く量も多いのですが、しっかり照射を重ねれば女性よりも時間がかかるかもしれませんが、効果は出てきます

 

Q4:ケノンは何回くらい使えばツルツルになるのか?

 

A4:個人差はありますが、週1回のペースで約半年(20回以上)は必要でしょう。

 

半年というと長く感じる人もいると思いますが、脱毛サロンなら2〜3年もしくはそれ以上かかりますので、ケノンの方が断然早いということになります。

 

大体次のような感じで、脱毛は進んでいきます。

 

照射1回目〜5回目:ほとんど脱毛した時間はなし。
照射6回目〜10回目:毛が生えてくるスピードが遅くなり、毛も柔らかくなってくる。
照射11回目〜17回目:毛の生えてこない部分も出てきて、脱毛効果を実感し始めます。
照射18回目以降:VOラインはほぼ生えてこなくなり、1カ月に1回程度の頻度で、1ラインは週1回程度で照射します。

 

Q5:ケノンでVIOの永久脱毛はできるのか?

 

A5:永久脱毛は、毛根細胞を破壊する医療行為ですので、医師のいる医療機関やクリニックでしかできません。

 

ケノンの光脱毛は毛根を破壊することはできませんので、永久脱毛ではありません

 

ただ医療機関で行う「永久脱毛」も完全に毛が生えてこなくなるわけではないので、毛が生えてきた時に自分で簡単に追加料金なしで脱毛できるのはケノンのメリットの一つです。

 

Q6:どのくらいのレベルで使ったら良いのか?

 

Q6:ケノンのレベルは最小パワーのレベル1〜最大パワーのレベル10まで10段階あります。

 

レベル数が上がると照射パワーも強くなります。

 

VIOは時間が比較的かかる部位なので、レベル7−8ぐらいで照射するのがおすすめです。

 

慣れてきたら照射レベルを上げて行きましょう。

 

Iラインは色素沈着が多く黒ずんでいることが多いので、Vラインより弱めのパワーで始めることをお勧めします。

 

ケノンをお得に買うなら公式HPがおすすめ!

 

↓↓↓

ケノン公式HPはコチラ

 

美顔器